2012年12月17日

信頼関係を築く前に必要なこと

                                   メルマガ《営業はナンパだ》exclamation


 前回は営業には信頼関係が一番大切だというお話でした。

今回はその信頼関係を考えるときにその前提条件についてお話します。

 
 みなさん、たぶん意識はしてないと思いますが、

初めての人に会ったときに、この人とは仲良くなれるか、

あるいは、そうでないかを無意志のうちに選別してるんじゃないかと思います。

 人間もある意味で動物です。

動物同士はファーストコンタクトの時、本能的に敵か味方か判断します。

相手を敵か味方か選別する能力がないと、その種は生き残ることが出来ません。

 人間はこの地球の激しい生存競争を生き抜いてきました。

相手を敵か味方か判断する能力は、ほかの動物に比べて並はずれて優れているはずです。

ですが、もうほかの動物と競争する必要はなくなってしまっているので、

皆さんは そんなことを普段の生活ではっきり意識的にはやっていないと思います。

 
 ただ、企業活動はある意味生存競争ですので、

敵か味方か判別する能力をもっていないと、競争に負けてしまいます。

 相手のお客様がこの厳しい企業の生存競争で生き残っているということは、

そのお客様には、相手が敵か味方かを判断する能力を人一倍備わっているということです。


 お客様との信頼関係を築くためには、まず最初に、そのことは意識しなければいけません。

 
 そう考えてみると、信頼関係というのは、

『私は、お客様、あなたの敵ではありませんよ』

ということをお客様に意識的にわかってもらわなければならないということです。

 
 お客様と接するときに、緊張してるからと言って、目を三角にしていたら

その場に緊張感が出来てしまい、あなたがどんなに「私は敵ではありませんよ」と

心の中で思っていたとしても、そのことがお客様に通じません。

 やはり、少しリラックスして笑顔を見せて、お客様に接しなければなりません。


 ナンパをする時も、同じです。

目をギラギラさせて、いかにも「これからあなたを食べちゃいますよ」

という顔をして話しかけたら、間違いなく警戒されてうまくなんかいきません。


 リラックスした、緊張感の少ない雰囲気作りが、

結果としてお客様との信頼関係の第一歩になるはずです。

お客様との信頼関係を築くためには

『私はあなたの味方ですよ、敵ではありませんよ』と言うことを、

意識的に相手にわかってもらわなければなりません。






『新人営業マンをできる営業マンに育てる方法』



営業 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ
posted by ろく at 01:35| Comment(0) | 信頼関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。