2013年01月16日

あなたが誰かに助けてもらいたくなったら、、



 『今度誰かの所へ助けを求めに飛んで行きたくなったら、自分に言い聞かせよう。

「私はこの問題を自分で解決できる。逃げたいと思うのは自分自身を見下げているだけだ。きっと解決してやる」

それからすぐ解決にかかる。その時あなたは、成功に向かって一歩足を踏み出したことになる。』


デール・カーネギー






営業 ブログランキングへ




posted by ろく at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネギーの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

失望してしまった時は、、



 『私たちが失望落胆して、もはやレモンをレモネードに変える気力も失せたとしても、

とにかく二つの理由のために私たちは現状打破を試みなければならない。

つまり、どちらからいっても、すべてが得で、失うものは何もないからである。

第一の理由――成功するかもしれない。

第二の理由――たとえ成功しなくても、マイナスをプラスに変えようとするだけで、

後ろを振り返らずに前方を見つめることになる。

消極的だった考えが積極的になり、それが創造力を活動させ、われわれを多忙にし、

過ぎ去ったものを嘆く時間や気持ちはなくなってしまうだろう。』


デール・カーネギー





営業 ブログランキングへ




posted by ろく at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネギーの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸福になりたければ、



『幸福になりたければ、何か目標をたてて、それに自分の考えのいっさいを注ぎ込み、

今まで抑えられていた底力を一斉に解放し、希望を高めることだ。幸福は自分の内部にある。

これを引き出すには、自分の考えと底力のいっさいを注ぎ込むことのできる事柄を実行することだ。

幸福になりたければ、自分以外のものに心を打ち込めばよい。』


デール・カーネギー






営業 ブログランキングへ




posted by ろく at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネギーの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

引っ込み思案を治す方法



 『自分のことで卑屈になったり、引っ込み思案になったりしがちなのを克服する最上の方法は、

他人に興味を持ち、他人のことを考えることだ。

気おくれなど嘘のように消え去ってしまう。

他人のために何か尽くしてやることだ。

常に人に親切を尽くし、友人のような心で接すれば、

あなたはそのすばらしい結果に驚くことだろう。』


デール・カーネギー






営業 ブログランキングへ




posted by ろく at 01:07| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネギーの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れない時は、、、。



 『眠れなければ、床の中でくよくよしていないで、起き上がって何かをすればよい。

疲れるのは心配するからだ。   眠れないからではない。』


デール・カーネギー






営業 ブログランキングへ





posted by ろく at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | カーネギーの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。